いつもMS 6881と続けて聴くのだけど、なんとなくこっちは音が少ないのだけど、この素朴さはなんとも表現できない。より重いし新鮮。

これは、ニューヨークフィルの score marked by Leonard Bernstein
https://archives.nyphil.org/index.php/artifact/8d6239e2-4308-48a9-9f8a-d87034863963

2018.07.12
hitoshi koizumi




https://www.google.com/search?client=safari&rls=en&q=%E7%8C%AE%E6%9D%AF&ie=UTF-8&oe=UTF-8
https://shop.niederegger.de/trinkgenuss/359/nougat-liqueur-mini-flaeschchen

2018.07.02
hitoshi koizumi



BOTH DIRECTIONS AT ONCE [12 inch Analog DELUXE]

LP,EP/CD/MP3...

7月が始まってしまった。2016年終わりごろ以来の新譜購入、
http://htypo.net/blog/index.php?itemid=1483
ところで、このコルトレーンは噂からたのしみでした。なんとなくいい。当分毎晩針を落とそう。新譜はほんとうに買わなくなったなぁ。CDは全く聴かなくなった。

2018.07.01
hitoshi koizumi



分かっちゃいるけどやめられない

Now

...なぜって、重要なのは火なのだから。
煙草は都会の真ん中でできる唯一の焚き火だ。
火を見つめることで深い思索の世界に潜ることができる。...
AREA 1687号 p.30

うちでは香を焚く。ときどき灸も据える。

2018.07.01
hitoshi koizumi



ggg today

Weingart

htypo.net/schoolではcrouwelについては話題にならないと思いますので、こちらに。

彼は昔も、今も、そしてこれからも、つねに高貴な人だ。最大限の敬意を込めて…。
He was, and is, and will be for me for ever a Grand Seigneur, with all my biggest respect...
Basel, April 27/2007

名言。(アイデア No.323 より)

2018.06.22
hitoshi koizumi



dddの思い出

Weingart

お見舞い申し上げます。
大阪の地震をおもいうかべていましたら、(いまは京都ですが)
http://www.dnp.co.jp/CGI/gallery/schedule/detail.cgi?l=1&t=2&seq=00000380

第103回
ワインガルト展/タイポグラフィへのわが道
2001年09月26日(水)~10月24日(水)
どんな楽しい時にも終わりがきて、日常の生活が戻ってきます。私が2000年12月に大阪の貴ギャラリーに招待された時、最初はお断りしようと思いました。その理由の一つは、日本が地理的に私の世界の外にあり、日本人の生活がエキゾチック過ぎるものに思えたからです。私はなぜそのような印象を持ったのかと考えました。おそらく、日本が地理的に隔絶しているというのが主な理由だったのでしょう。中国の東海岸までは、紀元前100―130年、あるいはもっと古くから交易やキャラバンのルートでヨーロッパとつながっていました。私が展覧会をすべきかどうかの最終結論を出したのは、このようなことを考えた末でした。その答えは私の心の中で明確になりました―ワインガルト、お前は日本へ行って、この展覧会をやらなければならない。DDDギャラリーの皆様との共同作業は素晴らしい経験でした。この展覧会の実現に関わったひとりひとりの人がとても優秀でした。そして温かいもてなしも忘れられません。大阪での4日間は、私の2週間の滞在の幸先よい幕開けとなりました。本当にありがとうございました。 ウォルフガング・ワインガルト

ぼくの記憶では、当時、gggでの巡回展は、彼の意思、ある理由でお断りしていました。

参考:
https://www.youtube.com/watch?v=Wg-bGZ5-vG0

2018.06.20
hitoshi koizumi





2018.06.11
hitoshi koizumi



WB 46 127

LP,EP/CD/MP3...


Walter Carlos!!!

2018.06.06
hitoshi koizumi



日暮里邸リノベーション竣工

TypeShop_g/Works

©TypeShop_g
ようやく正式に報告ができます。2016年1月から丸二年をかけまして、ご紹介いただきました請負会社の協力で、ぼくの頭の中にあった計画を細部まで実現することができました。
父小泉元治が1969年に建てた自邸を全面的に改装し、ドイツ製活版印刷校正機GX-0を設置した「印刷工房/教室」と待庵を模範とし独自の解釈をした茶室「字休菴」、ふたつの新しい概念をもった空間。そして佃のセンチュリーパークタワーにあったデザイン室の断捨離した施設とバーゼルAGSにあった植字台/ベルンのカントナルバンクの金属活字一式を無事設置することができました。遅ればせながら完成に際して、ご尽力いただいた皆様方の技術と叡智に心から感謝いたします。

職人一覧 (敬称略)

木工事:株式会社鶴崎工務店
鶴崎直記、鶴崎洋介、丸山和志、渡辺武士、内田光宏、山本賢治、中川進太郎、山中将太、若林博、文屋美次

左官工事:株式会社あじま左官工芸
阿嶋一浩、服部幸夫、榎本瑠衣、吉田隆彦、濱田雄太、小玉真

設備工事:有限会社近藤設備
近藤広平、加藤陽平、近藤芳恵

電気工事:鈴木電気商会
鈴木貞光

空調設備:レーダンテクノ
牛嶋健次

鋼製建具:有限会社マルチクラフト
和泉しげる、和泉知則、石原達夫 (取付)
関俊彦、鈴木辰平、後藤明良、園田哲也 (製作)

ガラス:柴田硝子
柴田康弘

塗装工事:松尾智弘

木製建具:宮本建具
宮本直人、宮本篤志

経師・クロス:由貴内装店
田中貴之

畳:山本畳店
山本栄

床:市川一臣

清掃:株式会社ティーアールエス
石川輝明、宇田川季樹、室町星、宇田川千穂

協力:平居靖弘・平居弘也 (株式会社フラット)、山崎哲生 (ニシノイ)、白鳥芳洋・船田渉 (フォレストリンク)、大澤明彦 (東京ガス)、石川淳一・谷口栄治 (FSB)、松澤忠彦・鈴木あかね (HORI)、中塚順也 (ニチマン)、栗原裕一 (栗原板金)、小泉武衡、寺本宏治 (三井倉庫)、住田明幸・阿部信之 (上組/上組航空サービス)、吉川貴晃 (マルイ美術)、松村磨、谷渕望・渡邉展也 (栗原工業)、金沢修一 (治部電機)、吉田健次 (音響設備サービス)、上野栄一 (BISLEY)、青石伸一郎 (青石銘木店)、今井宏明 (小国和紙)、高坂元顕 (高坂商店)、浅尾空人 (拂雲堂)、Bert Projahn

顧問・監査・監理:
中地総合法律事務所、株式会社タイプショップg

写真:石橋敏弘 (ヒロ・フォトビルディング)
©2017 TypeShop_g Co., Ltd. 禁無断転載

2018.06.04
hitoshi koizumi



S1E-13 ST

LP,EP/CD/MP3...


映画と音楽の出合い。LigetiとStraussのコントラストがショックだった!今ごろになってちょっとわかってきました。もちろんVSD-5400はもっていましたが、、、

2018.05.31
hitoshi koizumi



«Prev | Next»