葉生姜?

NAYAMI

意味不明な言葉、葉を主に食べるわけではない。谷中生姜でしょ。うちの先祖がここで作っていた。
原産地は不明。東南アジアとは確定していないはず。
http://www4.nhk.or.jp/hirubura/x/2017-05-01/21/30705/1210989/

2017.05.01
hitoshi koizumi



歌謡曲と演歌

LP,EP/CD/MP3...

さきほど、GW明けの桑沢の課題を確認しながら、NHK-FMの「“戦後歌謡”三昧」を聴いていた。とても楽しかった。
http://www4.nhk.or.jp/zanmai/321/

船村徹、意識していなかったのですが、なぜかやはり耳に残っているのです。普段からあまりジャンルを気にしていないぼくですが、やはり好きな曲や好きな歌は、人からリコメンドされて聴くものではないなと思い返しています。
引越して、結果8分の1ぐらいになったレコードとCDを片っ端から全部聴いていたら、それぞれ夢中になっていた時代が蘇ってくる。(歌謡曲はEPしかない)

ここ数年、本当に新譜を買わなくなった。年に一、二枚。それがとても耳にはよかった。

2017.04.29
hitoshi koizumi



ディテール・イン・タイポグラフィ 読みやすい欧文組版のための基礎知識と考え方

Typography?

https://www.amazon.co.jp/ディテール-イン-タイポグラフィ-読みやすい欧文組版のための基礎知識と考え方-ヨースト-ホフリ/dp/477387001X/

ヨースト・ホフリのタイポグラフィ入門の名著の日本語版。
宮後さんに頼まれて、[推薦のことば]を書きました。
「欧文の本文組で常に心がけなくてはいけない字間–語間–行間を物語ってくれる本。たとえ同じ条件で文字を組んでも、この本を読んでいるのと、読んでいないのでは、結果が違ってくる小さくても頼もしい本」
新学期スタート、教科書サブリーダーにちょうどいいと思います。デザインは一瀬さん。

2017.04.16
hitoshi koizumi



字休の呟き03

CHA NO YU

丸板 ...メンなく掻き合わせケヤキ木地は鉄面フロにかぎる

2017.04.07
hitoshi koizumi



10年

Now

長岡造形大学、辞令を理事長に返還。あれから10年と1週間。2007年3月31日にわざわざそれだけで長岡へ、岩田さんと。とても重い仕事でした。
福田さんに学科長をお譲りして。鎌田先生が承諾してくださって、ほんと感謝しています。
今から思うと、13年もあそこでやったなんて、信じられない。ぼくはただバーゼルのデザイン教育を実際に日本でやりたかっただけ。(大嫌いな卒業式、入学式そして入学試験に出なくてすむ。助かった!)

幸運にも研究社から3冊も本を出させてもらって。今があります。たいした能力があるわけでもないのに、全力をつぎ込んで、時間はかかりましたが、できたのです。

次の10年へ。念願の出版社設立。でもわからないことだらけ。はじめの理想の本を出版するまでの道のりは長い。いつになることやら。とても楽しみな毎日。

2017.04.07
hitoshi koizumi



茶室の陰陽と五行

CHA NO YU

表千家でなく
裏千家十一代玄々斎家元の書から、炉にもまた五行がそのまま備わっているとした。
炉縁(木)
炭(火)
炉壇(土)
釜(金)
釜中の湯(水)
冬季の炉は風炉の変形として、日本の庶民が囲炉裏を囲む習慣をとり入れられたとされ、完成させたのは千利休。

5月から、本格的な形式にもどり、点前は風炉を使用する。
炉縁の替わりに塗り物の板(木)か瓦(土)の敷物どちらか。
シンプルに釜と風炉は鉄(金)でいきたい。
(裏千家の正式は土風炉だそうですが)
広間では華やか目なもの、小間ではわびたものを使うことが多いのだが、、、

灰形、すばらしい。灰を土とみたてれば、、、
「丹精なさったお灰ですね」、、、火事で灰を持って逃げるともいうし。

2017.04.02
hitoshi koizumi



wikipedia_イタリック体

My book

偶然見つけてくださいました。そしてどなたかが載せてくださいました。とてもうれしいです。
このように、自然に何気なく浸透していくことの美しさ。ぼくから一人歩きしていく本。とても望んでいたことです。
思えば、ぼくの50歳の誕生日にワインガルトとイスタンブールに一緒に旅をした時に、彼のポロっと出た一言からはじまった本でした。東洋と西洋のハザマでのひととき。

2017.04.01
hitoshi koizumi



On A Monday Evening (Live) [LP]

LP,EP/CD/MP3...

すごくいい音。興奮する。
木造のうちの方が、Tannnoyはいい音がする。部屋が楽器。

2017.03.31
hitoshi koizumi



American Optical R#7327 Black

NAYAMI

よくみえる!腕をのばしたあたりがよくみえなかった。解消。ただしこれはここだけのピントのための眼鏡。

https://sumally.com/p/2357790

2017.03.28
hitoshi koizumi



『図説サインとシンボル』初の重版

My book

2刷が決定いたしました。読者の皆様、どうもありがとうございます。
天国のフルティガーも喜んでいると思います。

2017.03.24
hitoshi koizumi