[女子が想うドイツ語のイメージは?]

TypeShop_g/School

http://www.excite.co.jp/News/bit/E1343986480959.html

朝、ちょっと気になって読んだ。
タイポグラフィには、欠かせないドイツ語。THBにも頻繁に出てきます。
女子がどう想うかは、世の中的にとてもたいせつでしょうね。

うちの教室に来る女子は、みなさん、ドイツ語好き。

2012.08.06
hitoshi koizumi



「貼るWAY」展

TypeShop_g/School

元タイプショップg学校があった白金が、がらりと変わってなんとギャラリーに!
オーナーは阿部宏史氏。今、知ったのですが、明日オープンです。

柿落としは、桑沢OBのX氏たち、らしいのですが、ぼくもよくわかっていません。URLは
http://www.haruway.com/

なかなか、かっこいいスタート。ぜひお出かけください。

2011.08.26
hitoshi koizumi



tm 8/9 1973

TypeShop_g/School

カク ギジュツ ト インサツ ギジュツ トハ
マッタク ベツノ フタツノ モノデ アリ, タガイニ アイイレル コトナク
シタガッテ ゲンミツニ ワケテ オカレルベキ モノデ アル
トイウ ネヅヨイ カンガエカタガ アル.
カキモジハ, アクマデモ コジンテキ シゼンハッセイテキデ
ドクジナ モノデアル. テガキノ セイカクヤ パーソナリティーハ モチロン
ソノトキノ カキテノ シンキョウ ヲモ ハンエイ スル.
トコロガ, インサツ サレタ モジノ ホウハ
イガタ カラ イクラデモ ヒツヨウナダケ チュウゾウ デキテ セイカク
カツ フヘンナ カタチデ クリカエシ ツカワレル.
ツマリ, ソレジタイ ボツコセイテキデ チュウリツテキ キャッカンテキデ アル.
タイポグラファーガ ソレヲ フヘンテキニ ツカッテ
サクヒンヲ タヨウニ ヘンカ サセラレルノモ, インサツモジノ モツ
コノ トクシツニ ヨル. エミール ルーダー

die neue typografie beginnt mit der neuen schrift/helmut schmidから
半角、バケルと思ったら、バケナイみたい。
でもやっぱり、スペーシングが悪いんで、あまり使いたくない。
CSSですごい組とかできるのかもしれないけど、、、

今日は、TS_g/schoolで授業やった記念に!

2011.05.01
hitoshi koizumi



大工と小工

TypeShop_g/School

「名古屋の伊藤平左衛門さんの屋敷に来ていた大工たちの中には、お茶やお花に詳しい人が何人もいて、大工でもその程度のことは知っていないといけないという雰囲気がありました。」
今晩、白金でも、映画が終わった後、先ほどまで、そのような話になって、教育って、なんだろう。スイスで学んだ、根底にあるものが、この本で語っているものにちかいものに、感じるのか。なぜなのか。スイスタイポグラフィの崇高さが。いまさらながらに、ひしひしと、絶対に今の大学教育では、できえないものがあるのだと感じていました。そしてまだまだ、ぼくの終わりなき挑戦が続くのだと確信しました。

http://inbook.jp/宮大工と歩く千年の古寺―ここだけは見ておきたい古建築の美と技+%28祥伝社黄金文庫%29/ASIN=4396314396

2010.12.19
hitoshi koizumi



白金教室お別れ会

TypeShop_g/School

今週末12/19(日) 16:00から。ビデオ上映中(2時間弱)、ささやかな会をいたします。タイポグラフィや紙の本を愛している人のための会です。よろしかったら、どうぞおたちより下さい。会費無料。予約などなく、どなたにでもご参加いただけます。当日をもって教室は閉めさせていただきます。

Fahrenheit 451 (邦題: 華氏451)
Director: François Truffaut
Novel: Ray Bradbury 1953
Original Music: Bernard Herrmann
1966 / 112 min.

2010.12.13
hitoshi koizumi




タイポグラフィ「朝喝」は、今朝で、無事終了しました。
3年半、続きました。多くの人が、仕事の前に、徹夜明けに、白金の教室に通ってこられました。ぼくの身勝手な学校そして教室、さらば!ほんと多謝!(涙)

次は「自然喝?」に挑戦。とにかく、タイポグラフィの集中力をつけるために、これからの人のために実現します。新しい学校は4月から。

2010.11.24
hitoshi koizumi



flightcart

TypeShop_g/School

とうとう、タイポグラフィのクラスは11月いっぱい、製本クラスは12月で、白金教室での授業を終えます。
今、スイス・タイポの授業を行うために必要なすべてのものを、強力にコンパクトにして、このswissairのflightcartに収まるだけに集約しています。これだけあれば、授業ができる!究極に挑戦しています。
© jahn design
http://www.jahn-design.de/flightcart/show_1/

3年半、白金での挑戦は、とても良い経験になりました。自信もついたし、通ってくださった30人くらいの人は、とてもラッキー&ハッピーだったのではないかなぁ。正確に自分のものにした方は、死ぬまで忘れないと思います。身につくということ。バーゼルでの教育はそのようなものだった。単純なことを正確に繰り返す。もちろん、このプロセスの重要な部分は、記録にとってあります。それをベースに『タイポグラフィの読み方-実践編(仮)』!もちろん、これは絶対に紙の本でつくる予定。。。やることが、いっぱいで、、、tweetなんかしている時間があったら、じっくり考えて原稿をつくりたい。当然でしょう(笑)。

2010.10.10
hitoshi koizumi



ロマノ・ヘニ考/受講者最終募集

TypeShop_g/School

活版印刷の第一人者のロマノ・ヘニ(バーゼル)の作品の閲覧と解説の一日を白金のタイプショップgにて。
2009年度から桑沢デザイン研究所夜間でタイポグラフィをぼくといっしょに受けもっている阿部宏史氏が発表します。内容は、氏が先般京都造形芸術大学で行った特別授業の内容に加えて、2005年The San Francisco Center for the Bookでのロマノのワークショップに参加した小泉の情報も初公開。まだ、余裕がございます。よろしかったら、どうぞ。
http://www.artbusiness.com/1open/051305.html

詳細:
http://htypo.net/school/index.php?catid=1&blogid=1
の72.項

2009.12.01
hitoshi koizumi



re.「ただならぬ雰囲気のひとが来たと思ったよ」

TypeShop_g/School

や〜〜、ビックリしました。
全く知らなかったんですが、都筑さんのブログにぼくのことが。。。なんと、はずかしい。(今、偶然知ったんです)

実は教室の近所に、気になるベーグル屋さんが最近引っ越してきて、ここのとこ、ず〜と入りたくても、ぼくの授業が早朝か夜なので、いつも入れなくって。先日、ちょっと準備中でドアが開いていたので、のぞいて、入れてもらったのが最初でした。。。すごくイイ店なんですよ! マルイチベーグル
http://www.maruichibagel.com/

==
都筑さんとは、全く入れ違いで、メールでのやりとりのみ。うちは同じ学校なのですが、スイスの学校のように、先生のスタイルで、個性をだすという全く別のクラスなのですね。製本はぼくも興味があるんですが、最近巷でよく見るようなものやフランスっぽいルリユールと、彼女が目指しているものが全く違うので。

とにかく、モダンで、かっこいい製本です。そのセンスをつかむための基礎を磨く!家で自分で作れる!ということ。

製本クラスではおいしい紅茶とクッキーが出てくるようなんですが。。。ぼくは詳しく知りません。

2009.06.22
hitoshi koizumi



ご質問への回答

TypeShop_g/School

事務局の小泉です.
2009年 製本クラスの受講者募集について
願書の申し込みはhitsh@htypo.netまで
詳細はhttp://htypo.net/school/の36.と31.を見て下さい.
どうぞよろしくお願いいたします.

>作者 aine (非メンバー)
>日時 2008-10-14 @ 12:10
>本文 はじめまして。製本で検索してネットいろいろみていたらここに来たのですが、schoolのところで募集している講座の内容、応募方法を教えていただきたいです。ここへの書き込みは不適切な場合は削除お願いします。

2008.10.14
hitoshi koizumi



«Prev | Next»