道元の「正法眼蔵」は生きているうちに一度は
読みたいものです。^^;