htypo A1.0

まず、ウォーミングアップをしましょう。
正方形の中に2本の線分を配置します。
白い正方形が構成をする場です。この限られた世界*の中に線分を配置します。
水平、垂直、斜め、いろいろな状態を試してみましょう。

A.1.0.1) 線分(罫)をレイアウトするときは罫の両端に強いテンションがかかりますので
十分注意をはらうことが重要になります。ですから、この正方形の中に
両端とも収めてください。→今後の課題は特別な指示がないとき以外はこのルールです。

A.1.0.2) 次に罫の片方の端を正方形の縁につけてみましょう。 もう一方の端に
大きなテンションがかかることがわかります。

A.1.0.3) 両方の端を正方形の縁につけてみましょう。正方形を分割することになり、
線の構成というより新たなカタチの創造となります。

*これからはこのフォーマット内で作業をしますが、実はこの中だけの構成で
この外を感じる構成を見つけ出す旅でもあります。

操作:
・左のパレットから線分を選択すると画面に線分が2本表示されます。
・線分自体をドラッグをすることにより線分の位置が変えられます。
・線分の端(赤い小さい四角の点)をドラッグすると長さ、角度を変えることができます。
・水平/垂直の位置にしたい時はドラッグ中にその近辺で少しロックされます。
・線分を消したい場合は、オブジェクトを選択をしてパレットの消しゴムをクリックします。

released in 1999